意識して脳を休めせない(常に考える)

最近、記憶力について気になったので、記憶法について考えてみた。
記憶法はいろいろあるが、記憶をすることに一番、良い方はメモをするという事だと思う。
中にはそのメモの置いた場所ですら忘れる方もいるらしいです。
そのメモを置く場所を決めておくことも大事らしいです。
タイドバイの口コミ【ドレス通販】

例えば、「メモ帳は必ず電話の横にある。」などの決まりごとを作っておけば、忘れることはないと思われます。
私自身も脳にダメージを受け、記憶力が低下していますが、メモを取るなどの努力をして、何とか忘れないようにしています。
私は幸いなことにスマートフォンや携帯電話を使えるので、メモを取るときに紙にメモを取る場合だと台が必要になりますが、スマートフォンや携帯電話なので、片手で入力できるので、スマートフォンや携帯電話に入力しています。

でも、脳を鍛えるために、「常に考えておくことが大切。」と聞いたので、「一番良い方法は何かな。」と考えていたら、「知っている方の名前を思い出す。」という事に挑戦してみました。
その中で、やはり最近、良くお会いする人は名前が素早く出てきますが、全くや久々の方はなかなか名前が出てこないので、一度、一生懸命に考えた後に分からなかったら携帯電話を見て、名前を思い出す。
という事を時間があるとき(バス停でバスを待っている時など)にやっています。
それをやっておくと、いざその方にお会いした時に名前が出て、相手の方も「覚えていてくれた。」と思い喜んでくれるケースが多いです。

私は「いろんなことを常に考えて、脳を休ませないようにしています。」
そうすると、夜も疲れてぐっすり寝られるようになりました。